副業の税金で気を付けるべきこと

最近は副業をやって本業で足りない分の収入を補う人も多くなっています。
ですが、そういう人が多くなっていても意外とそういう人でも税金については考えてない事があります。

なぜなら、副業で稼ぐ事と所得税を払う事を1つの事と考えない人もいるからです。
中には自分はサラリーマンで所得税を既に払っているという風に思う人もいます。

そんな事はないと思う人もいますが中にはそういう風に考えて副業で稼いだ分の所得税を払う必要がないと思い込んでいる人もいたりします。もちろんそんな事はなく副業で稼いで分もしっかり所得税を払わないといけないです。

また、中には副業で稼いだ分も基準を超えたら所得税を払う必要があると分かっていながら払わないでも問題ないと思っている人もいたりします。ですが、そんな風に思っていると良い事はないです。

確かに副業で稼いで所得税を払わないでもそれですぐに税務署が動く事はないです。
ですが、だからといって副業で稼いで分を税務署が把握してないとはならないです。

税務署は副業で稼いだ人が所得税を申告してない事を把握しています。
ですが、それをしばらく放置して泳がすのが普通です。

そうした方が税務署としてかなりコスパも良いからです。
ですから、これから副業で稼ごうと思っている人は年間の収入20万円以上になるからしっかり申告する事をおすすめします。

少額だから良いという事はないです。
確定申告は年間20万を超える収入が合った時にする事になっているのでそこはしっかりやっておかないといけないです。

また、今後はさらにそこらへんを厳しく監視しようとする動きがあるので注意しないといけないです。
副業で稼いだ分もしっかり納税するのが基本です。

加勢だ以上は納税しないといけないです。
稼いでおきがら税金を払わないで良いという事はないです。

もちろん、副業をして稼いだら絶対に確定申告をしないといけないという事はないです。
あくまで年間の収入が20万円を超える時に申告する事になります。

なので副業で年間20万円を超える収入がある時は少額でも申告をしないといけないです。
それがルールなので守る必要があります。

確かに年間20万円を少し超えるくらいの少額だった時は申告する必要がないと思ってしまう人もいるかと思います。
ですが、そんな事はないので副業で年間20万円を超える収入があった時はしっかり申告をして所得税を払う必要がある時はしっかり納税をしないといけないです。